blog

2022-01-19 01:43:00

自費治療にこだわる理由

かずあき鍼灸整骨院です。

 

 

当院が保険治療(健康保険や自賠責保険)を行わず、自費治療にこだわる理由を述べたいと思います。

 

 

まず、整骨院で健康保険が使える時というのは、「ケガ」をした時のみになります。

 

 

23270235.png

 

 

ケガとは、骨が折れた・関節が外れた・打ち身をした・関節をねじったなどの状況です。

骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れなど)

 

 

柔道整復師という資格なのですが、お医者さん以外で「ケガの処置をしていいよ」と許されている国家資格なんです。

 

 

ですので、ケガに関しては健康保険が適応されるのですが、ケガ以外のものに関しては健康保険が使えないんです。

 

 

例えば頭痛・肩こり・五十肩・長引く腰痛・長引く膝痛などはケガではなく、慢性症状と呼ばれるものであり、これらはもちろん整骨院では保険でみられません

 

 

ちなみに、私が長年かけて勉強しているカイロプラクティックは、それら慢性症状でお困りの方を得意としています。(ここでは寝違え・ギックリ腰・むち打ちなども含めます)

 

 

そのため、当院に来られる方は慢性症状の方がほとんどです。

その方々の多くが、背骨」に原因があります。

 

 

※対応症状についてはこちら

 

 

そもそも、私がカイロプラクティックを勉強しようと思ったきっかけは、慢性症状に全く対応ができない自分を情けなく思い、将来的には必ず結果の出せる治療家になりたいと思ったからです。

 

 

柔道整復師の勉強はケガについてメインで学びますので、慢性症状についてはほとんど学びません。

ケガと慢性症状の治療は全く違いますので、資格を取っても更に自分で勉強していかないと、慢性症状に対しては実際何も出来ないんです。

 

 

しかし、慢性症状でお困りの方は世の中に沢山いらっしゃいます。

そのような方の助けになりたいと思い、自費治療のみでやっております。

 

 

ちなみに、捻挫や肉離れなどのケガの場合も、実は身体の歪みや間違った動き方の癖からきているケースは多いんです。

 

 

何回も同じケガを繰り返される場合は、全身のバランスを整えるられるパーマー系カイロプラクティックをおススメいたします。 

 

 

骨折脱臼が疑われる場合や、ひどい捻挫ひどい肉離れの場合は、当院では対応できかねますので、整形外科を受診していただきます。

また、整復固定エコー観察が得意な柔道整復師の先生もご紹介いたしております。

 

※捻挫だと軽く考えていても剥離骨折などの場合がありますので、やはりエコーで確認してもらったり、整形外科にてレントゲン写真を撮ってもらうこともお勧めしております。